ごあいさつ



那須野ヶ原地域では、雨水は地下に浸透し表層部には水が無い扇状地という地理的要因により、かつての先人たちは水の確保に心血を注いできました。
弊社は、終戦直後の昭和21年に創立し、この地に水を提供することから事業をスタートさせました。荒涼とした大地に、地下水をくみ上げ、水の潤う地域へと「この地域の風景を変える」ことに貢献して参りました。現在では、田園風景が広がる豊かな地域となっております。 その後の地域発展に伴い、揚水技術を基とする電気工事・設備工事、そして配電盤の設計・製造などを通し、公共工事等を中心に社会ニーズに合わせた事業展開を進めて参りました。 しかし、2011年に起こった東日本大震災による福島原発事故により、当地域は放射能による重大な被害を受けました。今後の日本のエネルギーを考えた時、より一層の再生可能エネルギーの活用と、省エネルギー導入によるエネルギー消費量の低減が課題となっております。
弊社はこれからも社会ニーズを的確にとらえ、地域発展に向けて取り組みながら、お客様に満足して頂けるサービスを提供してゆく所存です。
どうぞよろしくお願い致します。

水道施設工事

整備工事

ビジネスホテルアジサイ 
整備工事

各種国家資格

那須清峰高校
設備工事

 

業務内容

電気工事部

各種電気設備  施工





機械設備工事部

冷暖房・空調設備工事

給排水衛生設備工事

水道施設工事




 

会社概要

1948年1月 鈴木電機個人企業として創立、電気機械の修理及び販売業を営む
1949年 地域の要請により農業用水施設の工事を始める。
1950年 管工事部門を併設。
1955年

電気工事部門を設置すると共に、鈴木電機株式会社として? 資本金100万円にて創立。

1965年 増資により資本金500万円とする。
1977年 製造部門の設置によりキュービクル受電設備、製作盤、分電盤の製造・販売を開始し資本金を1,500万円に増資。
1979年 工場を増設して板金・塗装・組み立てを一貫作業化する。
1992年 会社分割により配電盤製造部門を別会社(株式会社バンテック)とする。
2000年3月 増資により資本金を2,000万円とする。
2000年8月

鈴木邦彦が社長就任、鈴木伊勢松が会長となる。

2007年10月

鈴木邦彦が退任し、鈴木和芳が代表取締役に就任する。

2012年7月

事務所を那須塩原市あたご町より那須塩原市二区町へ移転する。

2017年1月

事務所を那須塩原市二区町より那須塩原市三区町へ移転する。




創立 昭和 23 年  1 月
資 本 金 20,000,000円
所 在 地 栃木県那須塩原市三区町563-1
電話番号

0287-36-0167

FAX番号 0287-36-1932
E-メール suzuden.hot@orion.ocn.ne.jp
役  員 代表取締役会長  鈴 木 和 芳
  代表取締役社長  鈴 木 大 介
  取締役  鈴 木 友也
 

取締役  鈴 木 由紀子

 

監査役  鈴 木 あけみ

建設業登録

栃木県知事許可
特-28)第3861号/(般-28)第3861号

取引銀行

足利銀行 西那須野支店 / 栃木銀行 西那須野支店

主な取引先

国土交通省/栃木県建築課/各土木事務所/各農業振興事務所/各市町村/ 各土地改良事務所/
(株)バンテック/その他建築会社/プラントメーカー








資格取得者

国家資格等
電気 技術士【電機部門】 1名
1級電気施工管理技士 6名
2級電気工事施工管理技士 1名
1種電気工事士

6名

高圧ケーブル工事技能士 2名
3種電気主任技術者 2名
消防設備士(甲4) 1名
機械設備 1級管工事施工管理技士 3名
2級管工事施工管理技士 2名
給水装置工事主任技術者

4名

下水道排水設備工事責任技術者

5名

消防設備士(甲1)

1名

浄化槽設備士

1名

土木 1級土木施工管理技士 1名
さく井 1級さく井技能士 2名



 
管理技術者   5名
機械設備 地山掘削作業主任者 1名
土止支保工作業主任者 1名
足場組立作業主任者

2名

酸素欠乏危険作業主任者

3名

移動式クレーン運転技能者

5名

車両系建設機械技能講習

3名

高所作業車技能講習 3名
不整地運搬車運転技能講習

2名

玉掛け技能講習

6名

ガス溶接技能講習

2名

配水管技能者

5名

その他 博士(工学) 1名

(H30年2月1日現在)








 

アクセス

栃木県那須塩原町栃木県那須塩原市三区町563-1